DENEN(でんえん)

太陽と大地と海と人力による揚げ浜式製塩法で作られた希少な海水塩で、能登の自然や文化、歴史、人々の思いが詰まったこの塩は、人に必要なミネラルを含み、まろやかで心に響く美味しさです。

能登では今から500年以上前に「揚げ浜式」の塩づくりが始まりました。海水を汲み、塩田まで揚げることから「揚げ浜式」と呼ばれるこの製塩法は、汲み上げた海水を、細かい砂を敷き詰めた塩田に撒き、太陽の力で乾燥させ、塩分を含んだ砂を集め、さらに海水をかけて塩分濃度の高い「かん水」を集め、釜で煮詰めて塩の結晶を取り出します。熟練した技術が必要とされる「揚げ浜式製塩法」がいにしえから連綿と続けられているのは、唯一石川県能登半島だけです。

重要無形民俗文化財
衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術やこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件で我が国民の生活の推移を理解する上で欠くことのできないものを「民俗文化財」と呼んでおり、揚げ浜式製塩法の技術は無形で特に重要なものとして指定されています。

Anteオンラインショッピングサイトへ
 関連商品ラインナップ
ページ上部へ戻る