しおちょこ

揚げ浜式製塩法とは

奥能登で500年間守り抜かれている天然の塩づくり、それが「揚げ浜式製塩法」です。美しい奥能登の海から海水を汲み、浜まで運び揚げ、塩田に広く均等に撒きます。天日でじっくりと乾燥させた砂を集め、さらに海水をかけて作るのが、塩分が凝縮した「かん水」です。これを大釜で、煮詰めに煮詰めて、塩の結晶を取り出します。奥能登の自然と人の手で丹精して生産されるのが、日本で唯一残る「揚げ浜塩」なのです。

Anteオンラインショッピングサイトへ
ページ上部へ戻る