金沢砂丘サイダー「すいか姫」

日本海に近い金沢の砂丘地。 朝晩の寒暖差と清らかな地下水。そして農家の情熱が甘くてさわやかな「金沢すいか」を育てる。

日本海に近い金沢の砂丘地。砂丘地は水はけが良く、朝は砂が冷えていて、昼間は暑く、夜は涼しい。その砂丘地の寒暖差と、地下深くから汲み上げた清らかな地下水が「金沢すいか」の甘みを増やします。 そして、若い農家が一丸となって美味しい「金沢すいか」を食べてもらうために日々研究・努力しています。 金沢の砂丘地の自然環境と、農家の情熱が、歯触りの良いシャリ感があって、糖度が高い絶品の「金沢すいか」を育てるのです。
能登では今から四百年以上前に「揚げ浜式」の塩づくりが始まりました。 桶で海水を汲み、人力で塩田まで揚げることから「揚げ浜式」と呼ばれるこの製塩法は、世界最古の製塩技術とも言われ、人力で汲み揚げた海水を、細かい砂を敷き詰めた塩田に手桶でまき、太陽の力で乾燥させ、塩分を含んだ砂を集め、さらに海水をかけて塩分濃度の高い「かん水」を集め、それを釜で煮詰めて塩の結晶を取り出します。 「潮汲み3年、潮まき10年」ともいわれる熟練した技術が必要とされる「揚げ浜式製塩法」が行われているのは、唯一、石川県の能登半島だけで、その希少な揚げ浜塩を使用しています。
Anteオンラインショッピングサイトへ
ページ上部へ戻る