能登の里山サイダー 青のしずく

ao_img006

「能登の里山サイダー 青のしずく」は、北陸最大級のブルーベリー産地・能登町の青い宝石のように美しく甘酸っぱいブルーベリー果汁を一部使用した爽やかな味のサイダーです。ブルーベリーの青色は天然色素の「アントシアニン」。赤ワインやコーヒーなどにも含まれるポリフェノールの一種です。

石川県の旧鳳至郡柳田村(現鳳珠郡能登町)でブルーベリー栽培が始まったのは1983年(昭和58年)。日本国内でも古くからブルーベリー栽培に着手した地域の一つです。能登町産ブルーベリーは過疎化が進んだ奥能登で休耕田が増える中、高市範幸をはじめとする熱い夢追い人が立ち上がり、ブルーベリーを植栽したことに始まり、今では能登町は「ブルーベリーの里」と知られるまでになりました。

現在、能登町のブルーベリー生産者は90人にまで増えましたが、その約9割が60歳以上の高齢者。今後、ブルーベリーが能登町、そして石川県の特産として発展していくためには、能登町のブルーベリーのブランド力をさらに向上させ、農家さんの収益向上を図ることで若い人たちがブルーベリー栽培に取り組んでくれる環境を作っていくことが必要となっています。その環境作りに少しでも役立てばという思いで、このサイダーは「能登の里山サイダー 青のしずく」は作られました

Anteオンラインショッピングサイトへ
 いしかわ地サイダーのラインナップ
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial