【ブログ】バリのしお作り

06.17

先日弊社スタッフがバリのしお作り見学に行って来ました!

バリの綺麗な海…むむ?!人がいらっしゃいますね!近寄ってみます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こんにちは!何をされていすんですか??」

「やぁ!僕たちは今しおを作っているんだよ。見学していくかい?」

(※右側にいるのはガイドさん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「海水を汲み揚げてこの浜に撒くんだよ!」

驚きです!日本の揚げ浜式製塩法の製法と似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「浜の砂を集めてココに入れていくんだよ」

おぉ、揚げ浜式製塩法でいうとこれは垂舟(たれふね)のような物ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この砂に付着したしおにまた海水をかけて、濃いしお水を作っていくんだ」

ますます作り方一緒ですねっ

「この濃いしお水をこの入れ物に入れて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一つ一つに濃いしお水を入れています

「これは戦前に日本人からもらった物なんだよ」

えぇ!?そうなんですかぁ!?凄い!

「このしお作りは日本人から教わったんだよ」

どおりで!製塩法が日本の方法とそっくりなはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最後に濃いしお水をここに入れます」

?!…これは?!すごい!初めて見ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ここに濃いしお水を入れて天日干しするんだよ」

天日!!??

バリは日本の真夏がずっと続いているような、すんごく熱いところ。(砂地も素足で歩けないほど)

だから天日干しでしおが作れちゃうんだそうです。

遠くから見るとこんな感じです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな綺麗なしおができるんだそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しお作りを通して、日本とバリの繋がりを感じる体験となりました♪

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る