「北陸中日新聞」に能登の里山を守るSDGsの取り組みが掲載!

11.05

2020年11月5日(木)の北陸中日新聞の経済面にDENENのSDGsの取り組みを大きく掲載いただきました!

 

能登で500年以上も前から継承されてきた「揚げ浜式製塩法」での塩作りを始めたのは、今から約3年前。

 

当初から、海の恵みを守るためには山も守っていかなければならないという考えの元、能登の里山から切り出した「間伐材」のみを燃料にして釜炊きを行ってきました。森林業者さんが伐採した木を少しでも多く仕入れて、山を守ることにこれからも貢献していきたいと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Social Media

ページ上部へ戻る