【イベント】2015年4月28日「能登の里山サイダー 青のしずく お披露目会」開催

04.28

石川県・能登町のブルーベリーを活用したサイダー「能登の里山サイダー 青のしずく」が
4月27日(月)発売となりました。その発売を記念して、能登町“味知の駅 能登 能海山市場”
にて試飲会及びお披露目会を開催しました。

CIMG3755

CIMG3765

「能登の里山サイダー 青のしずく」は、北陸最大級のブルーベリー産地・能登町の青い宝石のように美しく
甘酸っぱいブルーベリー果汁を一部使用した爽やかな味のサイダーです。
能登町産ブルーベリーは過疎化が進んだ奥能登で休耕田が増える中、旧鳳至郡柳田村(現鳳至郡能登町)の熱い
夢追い人が立ち上がり、ブルーベリーを植栽したことに始まり、今では能登町は「ブルーベリーの里」と知ら
れるまでになりました。

CIMG3773

このイベントには、石川県能登町 高雅彦副町長、能登町議会議長 鍛冶谷眞一様、武藤農園の武藤様を
はじめブルーベリー生産にご尽力頂いている関係者の皆さまにもご出席いただきました。
またメディアの方々も取材に来られました。

CIMG3780

この貴重な能登町産ブルーベリーを誰もが親しみのあるサイダーにすることで全国的に石川の特産品
として広く認知され、さらには能登地域そのものの認知向上と発展に繋がることを願っています。

関連記事

ページ上部へ戻る